おいらーくブログ

11. 7月 2019 · 佐渡の旅 はコメントを受け付けていません。 · Categories: 未分類

 

おじさん 友人二人と佐渡島に行ってきました!

まず、この旅で最高のシーンから

なんと 佐渡の自然の中であらたに生まれ育った野生のトキデス!!!!!!!!

友人Mさんが見つけました。。。

車で移動中のすぐそばを飛び立ったのですが、三人共どうてんして なかなかシャッターが

うまく押せません いつのまにかどんどん離れていきます!

友人Mさんは、自分で自分を叱りつけています。

「なんで いつも 焦ると こういうへまをするのか?

自分で自分が情けない」と憮然として嘆き

おじさんも 「左に同じ」と小声で追随しました 写真がこれ↓

写真↑ 右下に頭だけ写っているのが 残念がる友人Mさん

 

もちろん 美味しいものをたくさん食べてきました。

初日の昼間は、レンタカー屋さんおすすめの店 長三郎さんで

地元のネタ鮮度抜群のお寿司とあごだしでスープに透明感のあるラーメンを

このラーメン おじさんにとっては少し薄味だと思ったのですが

友人Mさんは、絶賛していました!

つぎの日夕食は、佐渡の夕日を見ながらコテージで

お刺身とお肉でバーベキュー

サザエは、コリコリと歯ごたえよく、トレトレのクロダイも身がプリプリです。

但し、友人Oさんはサザエの美味しさがわからないのか一切れ食べたら もう~ご馳走様で~す・・・

その分、おじさんはイッパイたべました。

最後の日の昼食、これも 今回のハイライト

七右衛門のぶっかけ蕎麦

ここは、メニューはこの一品だけ(ちなみに 飲み物もなし)

十割蕎麦なのに ボソボソ感がまったくありません! こしも効いていてエッジの良さも

感じられます。

また付け合わせの瓜の漬物も少し濃い目の甘口で、薄めであきのこない汁との相性も計算つくされているようです。

細身の友人Oさんは、残したら友人Mさんに差し上げるイメージで 一人三枚づつ注文したのですが

メッチャ美味しくて3人ともペロリ

よほど口惜しいのか、友人Mさんは あらためて追加1枚をおもとめ

1枚550円のこのお蕎麦で 200年の歴史を刻んできたとゆうのですから

恐れ入りやの鬼子母神でした!