おいらーくブログ

28. 5月 2020 · 転んでもただでは起きない!デイサービスの試み!! はコメントを受け付けていません。 · Categories: 未分類

今回は、新型コロナウィルス感染対策でおいらーく全デイサービスセンターは大変な苦境の中ではありますが、

普段と変わらない日常を提供している姿や、デイサービスを自粛されている利用者さんへ

少しでも普段の生活をお届けし、生活リズムにも活かすサービスをとご自宅等に出向き

おいらーく全デイサービスが実施している代替えサービスの提供するなどこの新型コロナ感染対策の中、

転んでもただでは起きない!デイサービスの試み!!   報告です。。。

 

5月

コロナ感染予防対策の影響で外出自粛が続く中、昼間は暖かくポカポカとした陽気となりツツジやチューリップ等花々が咲いています。送迎車から見る公園や自宅の庭の景色に皆様が口を揃えて「外に出られないからこうやって花が見られるだけでもいいね」と声が聞かれました。

てんやわんや本町内にもご利用者様がご自宅の鉢植えをデイに寄贈戴き、手入れを行ってくれている鉢植えが沢山ありますが、今年も一足早く、「月下美人」が咲く時期となりました。

蕾が芽吹いてから1週間程の短い期間しかお目にかかれなく、お手入れをされているご利用者様も「皆さんが綺麗って喜んでくれる声に頑張ろうと思います」と意欲が見られ、四季を感じられる花々に心が癒されています。

ゼラニウムも花を咲かせています。

5月11日よりおいらーく系列の高齢者住宅でもコロナ感染予防対策でデイサービスの利用を自粛することになりました。それに伴って代替えサービスを開始し、デイサービスの職員が訪問をして、入浴やレクリエーション等を実施しています。

3名~5名のご利用者様がホールに集り「ミニデイサービス」が始まります。2時間半と短い時間の中で入浴だけではなく足の体操や巡礼(歩行訓練)等の運動も行います。健康トリム(職員手作りのリハビリ器具)やドリルは頭の体操にもなります。

その他にはメドマーで足のマッサージを行ったりとご利用者様個々の希望に対応しています。「次回は虫食い算がやってみたい」と次にやりたいメニューを決められ日々違った活動に取り組まれている方もいます。

デイサービスに来た時にドリルを促しても「今はやらない」と断っていた利用者様も環境の変化からなのか、住宅では「やってみようかな」と積極的に行う姿も見られ、新たな意欲の芽が生まれるきっかけを作ることもできました。

今回の訪問で普段と違ったご利用者様の様子を感じる事ができたので、外出が解禁され利用を再開出来た時には、訪問時のこれらの取り組みがデイサービスの日々の活動に繋がるよう関りを持ちたいと思います。

てんやわんや本町 花村 絵美子

 

14. 5月 2020 · 生きがいサロン東雁来5月DT報告 はコメントを受け付けていません。 · Categories: 未分類

デイサービスセンター 生きがいサロン東雁来もいよいよ事例報告掲載です。

 

北海道の5月といえばお花見シーズンです!

今年は新型コロナウイルスの流行に伴い残念ながら毎年恒例のお花見は中止となってしまいました。

しかし!やはり桜を見せたい!お花見の雰囲気を少しでも利用者さんに味わっていただきたいと思い、生きがい東雁来では桜のトンネルを作ることになりました。

利用者さんと職員が一生懸命作り上げた作品がこちらです。

ちょっとした仕掛けもしてあり、風が吹くと上から桜吹雪のような体験ができるようになっています。

布の上には切ったピンク色の紙がぎっしりと積んでおり、風が吹くたびに桜吹雪のような演出が起こる仕組みとなっています。

毎朝、利用者さんはここを必ず通るのでちょっとしたお花見と桜吹雪を味わえるようになっています。

桜の匂いがする芳香剤も購入し、匂いの演出もわすれていません!

「ここを通ると桜の匂いもして、ほんとにお花見に来たみたいだね!」と満足していただけました。

 

しかし!やっぱり本物の桜も見たいということもあり花屋さんへ走り!結局、桜を買ってきました!

より一層花見に近いものが提供できたのではないかと思います。

こちらは毎年春に出すスタッフが作成した造花の桜です。

このような時期だからこそ、来ていただける利用者さんに少しでも春の風物詩を感じていただきたいと思い考えて作ってみた結果、来ていただける利用者さんすべてにちょっとした春を提供できたのではないかと思います。

まだ、厳しい時期が続いていますが、少しでも利用者さんが何かを感じていただける取り組みを今後も考案していきたいと思います。

 生きがいサロン東雁来 小原 諭

10. 5月 2020 · 『桜をみる会』 はコメントを受け付けていません。 · Categories: 未分類

 

小規模多機能型居宅介護事業所えくぼ佐々木です。

5月7日にサテライトえくぼ・パープルロード元町で『桜をみる会』を行いました。

テーマ:『例年、桜の開花時期はお花見へ外出はしているが、遠くへは行けない、少人数の参加に限られる、移動の制約があり参加が難しい等、様々なハードルがある。
そこで、天候に左右されず皆が屋内で楽しめるお花見を企画する。
ただ職員がすべて用意するのではなく、利用者様にも料理や桜もち作りの段階から参加していただき、自分たちで作り上げる催しだと感じて、やりがいと達成感の獲得につなげたい。』

上記のテーマを元に準備は利用者様と共に進めていきました。(箸置き作り、桜もち作り等…)職員は和装だったのですが着付けは入居者様が行ってくださいました。
当日の会場にはライトアップされた夜桜が…。又、席にはお品書きがあり、料理は1品ずつ提供する事で想像と期待が膨らむ…ドキドキ、ワクワク感を演出しました。
笑顔も多く見られ、職員の余興(創作ダンス?)も声を出し笑う方や一緒に踊る方もおり楽しまれている様子が伺えました。
終わった後も「楽しかった」等の言葉を頂き喜んで頂けたと感じています。

写真を一部ではありますが添付致します。

新型コロナ感染対策で外出 自粛のさなか

各施設では、利用者ファーストの目線で 利用者に可能な限り普段の生活を提供する

コンセプトで色々な取り組みが進んでいますので随時紹介してまいります!