おいらーくブログ

21. 3月 2019 · 第2回DT全国事例発表会&ビックリ・ポン はコメントを受け付けていません。 · Categories: 未分類

 

おじさん、3月16日(土)から18日にかけて東京に行ってきました。

用事ですが、日本ダイバージョナル協会の理事会に代理出席と翌日は、第2回DT全国事例発表会に参加して勉強してまいりました。

豊生会グループとして、社会福祉法人豊生会から1題、おいらーくから2題が選ばれた発表の応援もかねてです。

とても盛況で、全国から計13題 どれも素晴らし内容の発表でした!“

 

さて、翌日は、演題発表者の慰労もかねて東京名所めぐり(一部 裏めぐりも)で航空機の時間まで

 

ということで、

ホテルロビーに早朝6時集合 みなさん気合が入っております。

おじさんも、頑張らなければ・・です。

 

泊まった場所は、お茶の水駅近く

まずは、豊洲の市場見学と市場メシです。

そのため、おじさんだけはホテルの朝食も頼まなかったのでした。、。。

ルートは、JR中央線でお茶の水から市ヶ谷へ

市ヶ谷から地下鉄で豊洲からまた電車で豊洲市場へ(市場見学と朝食のつもり)です。

 

さて、JRのお茶の水駅のホームについたトタン列車のドアーが今にも閉まろうとしています。

そこは、旅慣れたおじさんと男性職員さんは飛び乗ったのです・・・が、

 

ヤッターマンと周りを見渡すと なんと・なんと もう一人の女性職員さんがいないじゃありませんか????

ドアーの外を見るとホームの階段を駆け足で下っているのが見えました。

おじさん、一生懸命手招きです。

乗ろうとした瞬間 ドアーが閉まります。

 

この素晴らしく機転が利く女性は、 な・なんと 右足を閉まるドアーの中に挟み込みました!

さすが、やる・やる さすが道産子 です!

これで 乗れると思ったのです。 ところが・・です。

ほんの少し空いたかと おもって 足を戻した瞬間 また強烈にドアーが閉まったのでした。

 

これには、おじさん ビックらコキマシタ。

札幌の地下鉄では、もう一度しっかりドアーは 開くものなですが。

 

東京では、次の列車に のれや・・なのですね!

そこで、男性職員が列車ドアーの窓ガラスごしに乗り遅れた女性職員に 「市ヶ谷・いちがや・イチガヤでね」 と口パクで案内しています。

女性職員も、戸惑いながらも 「市ヶ谷・いちがや・イチガヤだねっ」と 口パクで相づちをうちました。

 

よし、これで大丈夫

おじさんと男性職員は、とりあえず 3駅目の市ヶ谷駅ホームで外の釣り堀屋の風景を見ながら待ったのです。

東京です。

次の電車も10分から15分位間隔でどんどん くるのでしょうからそんなに待たなくても 大丈夫 合流できます。。。

ところがです。

ビックリ・ポン なのでした。

 

文章が長くなったので 今日はこの辺で

 

Comments closed