おいらーくブログ

20. 6月 2013 · 1 comment · Categories: 独り言

 

サービス付高齢者住宅CoCo東雁来開設以来、正面玄関で入居者さん・ご家族さん(もちろん職員も)、またデイサービス生きがいサロン東雁来に通われてくる利用者を日々和ましてくれる一連の人形があります。

 

これは、当社代表の親友である稲辺智津子さんが開設祝いに精魂こめた大切な品で作品名「さくら組」です。

 

作品解説や稲辺さんの経歴は新聞記事をご覧ください。

 

おじさんのあらためてこの作品を眺め、素人的な感想を述べると(あくまで個人的感想ですよ)、

「もう大きくなって、口うるさくたまにしか顔を見せない自分達の息子や娘も、この頃のように純粋無垢で一身に親の存在感をたよりに遊んでいた」当時を思い出します。

 

そして、少し昔が懐かしくもなりました。

 

お近くにお越しのせつは、是非一度本物をご覧ください。

1件のコメント

  1. あなたと友达になりたい、あなたのブログで良かった。

    Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です