おいらーくブログ

21. 3月 2019 · 第2回DT全国事例発表会&ビックリ・ポン はコメントを受け付けていません。 · Categories: 未分類

 

おじさん、3月16日(土)から18日にかけて東京に行ってきました。

用事ですが、日本ダイバージョナル協会の理事会に代理出席と翌日は、第2回DT全国事例発表会に参加して勉強してまいりました。

豊生会グループとして、社会福祉法人豊生会から1題、おいらーくから2題が選ばれた発表の応援もかねてです。

とても盛況で、全国から計13題 どれも素晴らし内容の発表でした!“

 

さて、翌日は、演題発表者の慰労もかねて東京名所めぐり(一部 裏めぐりも)で航空機の時間まで

 

ということで、

ホテルロビーに早朝6時集合 みなさん気合が入っております。

おじさんも、頑張らなければ・・です。

 

泊まった場所は、お茶の水駅近く

まずは、豊洲の市場見学と市場メシです。

そのため、おじさんだけはホテルの朝食も頼まなかったのでした。、。。

ルートは、JR中央線でお茶の水から市ヶ谷へ

市ヶ谷から地下鉄で豊洲からまた電車で豊洲市場へ(市場見学と朝食のつもり)です。

 

さて、JRのお茶の水駅のホームについたトタン列車のドアーが今にも閉まろうとしています。

そこは、旅慣れたおじさんと男性職員さんは飛び乗ったのです・・・が、

 

ヤッターマンと周りを見渡すと なんと・なんと もう一人の女性職員さんがいないじゃありませんか????

ドアーの外を見るとホームの階段を駆け足で下っているのが見えました。

おじさん、一生懸命手招きです。

乗ろうとした瞬間 ドアーが閉まります。

 

この素晴らしく機転が利く女性は、 な・なんと 右足を閉まるドアーの中に挟み込みました!

さすが、やる・やる さすが道産子 です!

これで 乗れると思ったのです。 ところが・・です。

ほんの少し空いたかと おもって 足を戻した瞬間 また強烈にドアーが閉まったのでした。

 

これには、おじさん ビックらコキマシタ。

札幌の地下鉄では、もう一度しっかりドアーは 開くものなですが。

 

東京では、次の列車に のれや・・なのですね!

そこで、男性職員が列車ドアーの窓ガラスごしに乗り遅れた女性職員に 「市ヶ谷・いちがや・イチガヤでね」 と口パクで案内しています。

女性職員も、戸惑いながらも 「市ヶ谷・いちがや・イチガヤだねっ」と 口パクで相づちをうちました。

 

よし、これで大丈夫

おじさんと男性職員は、とりあえず 3駅目の市ヶ谷駅ホームで外の釣り堀屋の風景を見ながら待ったのです。

東京です。

次の電車も10分から15分位間隔でどんどん くるのでしょうからそんなに待たなくても 大丈夫 合流できます。。。

ところがです。

ビックリ・ポン なのでした。

 

文章が長くなったので 今日はこの辺で

 

08. 3月 2019 · 2018年度 料理コンテスト はコメントを受け付けていません。 · Categories: 未分類

今年もおいらーく 配食事業部主催の料理コンテストが開催されました。

このコンテストの趣旨は、普段 利用者さん・入居者さんへ提供されている食事メニューのマンネリ化

を防ぐため、配食事業部の職員以外から広く 簡単・便利で

美味しくいただける料理も提案していただこうと毎年実施しているものです。

審査員は今回参加された職員が1人3票を投票して決定します。

試食と審査風景

今年の最優秀賞は、GH夢の男性職員さん 見事 賞金2万円をゲット

 

優秀賞1万円は3名の方に

この方は、GHの夢 佐藤さん (写真は、代理受賞)

3人目は、介護付き有料老人ホーム 大山さん

全参加作品

24. 2月 2019 · SONASセッション~ひな祭り準備編~ はコメントを受け付けていません。 · Categories: 未分類

今回は、介護付有料老人ホーム せんりに

日本ダイバジョナルセラピー協会の芹澤先生をお招きして、

ソナスセッションを実施しました!

報告者:せんり相談員の〇間さんです。

 

2月20日、せんりに芹澤先生をお迎えしてSONASセッションを行いました。

SONAS(ソナス)とは、楽しい・幸せという意味のアイルランド語。音楽、感触、香り、回想、軽い運動など、五感を刺激することにより、その人の本来の豊かな感性や社会性を蘇らせるレクリエーションです。

時期的にひな祭りを考えましたが、「自分の時のおひな様なんてもう覚えてないよ」と話される方も多かったので、今回は自分専用のおひな様を飾ろうというテーマで実践しました。

卵の殻を顔に見立て、十二単に金の冠、赤いひな壇に金屏風、かわいく飾りつけたらおひな様の完成です!甘酒の甘い香りが漂うなか、わいわいとおしゃべりしながら作成したおかげか、どのおひな様もニコニコと楽しそうでした。

余談ですがセッションのための下準備として、ホールを春らしく飾りつける切り紙の花の作成を皆様に依頼すると「私たちみたいな綺麗な花がたくさんいるのに足りないの?」の一言。

もちろん充分なのですが・・・!花よりも美しい花の皆様には写真になってもらい、美しく咲いて頂きました。

 

芹澤先生と

割れやすいから慎重に・・・

ホールを彩る花たち(顔写真が花になっています)

ミミちゃんも十二単のおひな様に☆