おいらーくブログ

19. 12月 2012 · 2 comments · Categories: 独り言

おいらーくでは、小規模多機能型居宅介護事業所を2事業所運営しています。

1箇所は、利用者さんのほとんどが地域の在宅で住まわれる事業所です。

もう1箇所は、利用者さんの80%弱が併設の住宅型有料老人ホームにお住まいの方です。

同じ小規模といってもケア内容は似て非なるものです。

在宅中心の方は、通常の訪問介護やデイへの送迎はもちろん、早朝から自宅にうかがうモーニングケアや利用者さんが寝る前のナイトケアにもお伺いします。

また、在宅でのケアは大変だが施設には、入れたくないというご家族のために、小規模の方で週5日お泊りされ、6日目の夜ご自宅へお連れし、7日の夜お迎えにいく逆デイサービス等も実施しています。

おじさん、実は認知症実践者研修の課程でこの事業所の逆デイにお連れする職員の瀬○君に同行し、おじさんも高齢になりお世話になるなら、瀬○君のような方にケアしてほしいと思うほど、丁寧で謙虚で気配りができていました。

この利用者さんは、元お蕎麦屋さんの店主で1階がお店2階が自宅なのですが、階段が急で車イスの利用者さんを3人ががり2階へと誘導していったそうです。

併設型事業所の方は、開設当初、ご家族がいないため夜間から早朝の訪問が利用者さん全体で月2,000回を越えることもあるほど利用者さんからコールがありました。それで再アセスメントをし、ライフサポートプラン(小規模では、ケアプランとは違うのです)でその利用者さんそれぞれの排泄の時間帯や回数など調べ不快を少しでも減らす努力を職員みなで考えています。

今回は、その職員達で小規模のケアのあり方を勉強してこようと、広島での小規模多機能ケア全国セミナー研修にいってきました。その中の○藤さんの感想を掲載させていただきます。

○藤さんの感想の中で、特におじさん驚いたのは、帰宅願望対策はどこの事業所でも苦慮していると思うのですが、自宅に帰りたいと懇願された利用者さんが、いざ自宅についても家の中に入らないというのです。

また、ヒヤリハットを書くのは当たり前だが、笑っている時に「ニッコリモット」を書いているという事例です。

おじさん、これは「とてもよか~っ」と感じ入ってしまいました。では、

感想

印象に残ったのは、ある利用者が家に帰りたいと訴える、あまりにも熱望するので根気負けした職員が4時間かけて一緒に歩いた、だが家の中に入るわけでもなく又帰ってきた。その後も何度か訴えたが職員も利口になって車で送った。そうしているうちに落ち着いてくるようになった、という事例。後はヒヤリとした時にヒヤリハットを書くのは当たり前だが、笑っている時に「ニッコリモット」を書いている。何で笑っているんだろう?何が楽しいんだろう?と疑問に思った事を書くらしいのですが、これは面白い!と感じました。 今回のテーマの「その人らしさ」について考えてみた。介護の仕事に長く就くにつれ薄れてくるかもしれない、根っこの大事な所だ。家に帰りたいと思うのは当たり前の感情で、帰宅願望と名付けて、帰る!と玄関先に行く方を何とか説得したり違う事に気をそらしたり、どうしようもなく町内を1周してきて、本人は少し満足しその一方でスタッフは疲れはてる、というのが現状。グループワークでは「その人らしさ」とは、では好きな事をする、趣味趣向、癖、環境、性格などなど持ち上がりました。個々に好きな事を自由にしてもらう、それにはマンパワーなど色々な問題が出てくるかもしれないが、「その人らしく」いられるよう私達が手助けするべきだと思った。いずれ自分も自分らしくいさせてもらえるように。生まれて初めて広島に行きました。研修の機会がなかったら一生行くことはない土地です。地域性は違っても、介護に携わる人の想いは一緒だと感じました。色々な場所で其々の人が頑張っている、沢山刺激をもらいました。小規模の全国セミナーに行かせて頂きました、ありがとうございます。 

2件のコメント

  1. 勤めていた所が小規模を始めましたが、失敗してました。上司に再三意見を言いましたが、全て却下。結局失敗。私はこれから別の小規模で再チャレンジします。この研修行きたかった!東京近郊でやりませんかね。興味深く読ませて頂きました(^-^)v

    Reply

  2. 長岡さん、はじめまして。

    コメントの話題とはそれますが、おじさん今 ケアマネ更新研修でケアプランを作成中です。

    ご本人の希望は、みんなと同じ食事にしてほしい。
    ご家族の意向は、父には好きなように生活してほしい。水分、お菓子も摂りすぎても仕方ないと思っている。

    なのに、ついつい透析治療のための水分制限や認知症による不穏への対処ばかりに目がいってしまい。
    ご本人の目線でプランを考えていないことに反省させられ何度も書き換えています。

    ※自分だったら、好きなようにさせてといっているおじさんがいるのにです。

    Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です